転職するには

このエントリーをはてなブックマークに追加

セクハラが理由で転職した場合、転職理由は

もしセクハラが理由で転職した場合、その退職理由を転職先に話すかどうかですが、だいたいの場合は、それが事実であっても話さないほうがいいと思われます。どんなに会社が悪いケースでも、前職についてネガティブなコメントをすることは、転職先の人事担当者に、「この人間は、当社に入って辞めたら同じように前職を批判するのかもしれない」と思われ、自分で立場を不利にしてしまいます。できればセクハラのことはコメントしないで、なるべく前向きな転職理由を考えましょう。それもまた、前職を引きずらない知恵だと思います。

しかしながら、同じ業界や、同じようなポジションに応募する場合は、前の会社と、応募している会社になんらかのつながりがあるケースも考えられ、その場合はあなたに対しての悪い噂が流れている可能性があります。自分からセクハラのことを話さないまでも、もし何か悪い情報が流れているようなら、注意深く対処しましょう。また、毅然とした態度を崩さないようにしましょう。前職と同じような立場になっては転職の意味がありません。

もし前職の職場を訴えた場合は、もしかしたらそのことが原因でなかなか次の仕事が決まらない可能性もあります。ただし、自分が勝訴した場合、また示談などで解決済みのことはもう過去のこと。過去には触れず、新しい出発をしたほうがよく、あなたのことを評価してくれる会社を見つけられるように頑張りましょう。

セクハラが原因で退職に追い込まれ、また転職するのは大変ですが、心が折れないようにしっかり自分を支え、次は良い職場に巡り会えるように努力していきましょう。

転職するには

転職をするとは言っても、そこに至るまでには流れというものが存在しています。その流れに乗って自分が思うような新たな職場を見つけることができれば実際に転職をするということになります。多くの人が転職ということを発想するような場面はあるでしょう。実際に転職専門雑誌を調べたり転職サイトを調べたりする人も多いでしょう。それは自分が思っているような職に就くことが出きるのかどうか、思ったような待遇を得ることが可能なのかどうかを知るためには良い方法だと言えます。現実を知り、この時点で転職ということを考えることを辞める人も結構いるようです。 そういう意味では色々な転職候補先を入念に調べ上げるというこのタイミングが転職ということを行う流れの中で最も重要といえるかも知れません。

その上で転職を真剣に考える人は転職サイトなどに登録をして実際に仕事を探していくことになります。転職サイトなどの力も十分に利用してめぼしい転職候補が見つければ履歴書を送るということになります。書類選考に通ればその後面接が行われるということになるでしょう。キーとなるのは面接となりますから志望動機などをしっかりと考えておく必要があります。面接に受かれば実際に新たな職場で働く具体的な日程を決めることになります。これら一連の流れは現状の会社にはわからないように行動をすることが多くなるでしょうが、基本線としては転職先を決めてから現状の仕事を辞めるということです。先に仕事を辞めてしまうと余裕を持った行動ができないようになってしまいます。

転職するには 記事一覧

上司のセクハラ、その正しい認識と線の引き方

職場の職位や力関係を利用したセクハラ、パワハラ、モラハラなどが話題となっています。社内のなかで、こうした不当な嫌がらせを受けて、うつ病や退職に追い込まれた人もおり、社会問題になってもいます。そしてこの...

上司のセクハラ、その正しい認識と線の引き方の続きを読む>

セクハラの事例、日常生活でもある、こんなこと

男性から女性へのセクハラがあるように、女性から男性へのセクハラも増えてきているといいます。セクハラの定義上、「本人の意思に反して」という部分が曖昧に捉えられているのかもしれません。社内では、露骨に拒否...

セクハラの事例、日常生活でもある、こんなことの続きを読む>

会社単位で、また個人でできるセクハラ対策

セクハラを会社単位で防いでいくことは、企業にとって大変重要です。そのまま加害者を放っておくことは、被害者が増えるばかりですし、加害者は無自覚で加害者になっていることが多いからです。それを指摘する人が周...

会社単位で、また個人でできるセクハラ対策の続きを読む>

裁判でセクハラを訴えるとき、まずやるべきこととは

十分な下調べをして、自分の受けた嫌がらせは、セクハラだと断定できても、それを法的に訴えるケースはまだまだ多くはありません。実際に社内で起こっていたことでも、会社をすでに辞めてしまっていたり、また体を壊...

裁判でセクハラを訴えるとき、まずやるべきこととはの続きを読む>

こんな言動に注意!じつは逆セクハラになるかもしれないケース

最近は女性の職場進出は当然となり、職位を持ち、女性が男性の上司になることも増えてきました。女性が職位などパワーをもっていて、上司、同僚、部下に嫌がらせするケースも目立ってきています。いままではとは逆の...

こんな言動に注意!じつは逆セクハラになるかもしれないケースの続きを読む>

セクハラが理由で退職する前にできることをしよう

仕事内容が想定と異なったり、実力が伴わなかったりといった理由ならばいざ知らず、職場環境が悪いせいで退職するなんて勿体ないですね。自分も嫌いな仕事であったのならともかく、自分で好きな仕事で、ずっと続けて...

セクハラが理由で退職する前にできることをしようの続きを読む>

厚生労働省が行っているセクハラ防止の取り組み

これだけセクハラが世間で話題になっていても、まだ完璧に職場からセクハラがなくならないのは、その定義があいまいなことにも原因があると思われます。被害者の「意思に反した言動をして」いても、加害者がその言葉...

厚生労働省が行っているセクハラ防止の取り組みの続きを読む>

やりたいことを実現しよう

やりたいことが見つかったのであれば、実現に向けた行動をすることが必要になります。実現に向けた行動をすると決めることは簡単ですが、そこにたどりつくまではかなり遠回りするかもしれません。それでもやりたい...

やりたいことを実現しようの続きを読む>

求人サイトと転職サイトの違い

求人サイトと転職サイトの大きな定義というものは存在していませんが、基本的には色々なところで違いを見つける事はできます。どちらのサイトにしても共通している点というのは仕事をする人を探しているという部分...

求人サイトと転職サイトの違いの続きを読む>

転職サイトの活用方法

転職サイトは今や数多くのサイトが運営されています。運営元も大手の聞いたことがあるような企業が運営していることもあれば地元の企業が地域密着ということを信条に運営をしているところもあります。どこのサイト...

転職サイトの活用方法の続きを読む>

このエントリーをはてなブックマークに追加