求人サイトと転職サイトの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

求人サイトと転職サイトの違い

求人サイトと転職サイトの大きな定義というものは存在していませんが、基本的には色々なところで違いを見つける事はできます。どちらのサイトにしても共通している点というのは仕事をする人を探しているという部分です。

しかし、求人サイトは正社員も派遣もアルバイトもパートの募集も掲載されていることが多いです。明確な区別というものがなく掲載されていることが多いのです。掲載をしている企業が求人サイトにお金を出していることも当然ありますが、基本的には掲載するだけというスタンスが基本ですので大きなお金が動いているものではありません。一方の転職サイトは文字通り現状は他の仕事をしていて正社員として転職をすることを望んでいる人のためのサイトとなります。そのため掲載されている案件は正社員募集というのがベースにあります。掲載をしている企業側も優秀な社員を欲しいと思って求人を出している場合が多く、サイト運営者側へ多額のお金が動いている場合も結構見受けられます。それだけ企業側も転職サイトにはかなりの期待を持って求人をかけているというのが言えるのです。

転職サイトではただ単に求人情報を掲載しているというだけでなくヘッドハンティング型のものあれば、専任のコーディネーターを付けるといった場合もあります。つまり、求人サイトと比べると転職サイトのほうがより登録した人に対してフォローをする場面が多いということが言えるのです。どちらも無料で利用ができてもこれだけ違いがあるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加