セクハラが理由で退職する前にできることをしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

セクハラが理由で退職する前にできることをしよう

仕事内容が想定と異なったり、実力が伴わなかったりといった理由ならばいざ知らず、職場環境が悪いせいで退職するなんて勿体ないですね。自分も嫌いな仕事であったのならともかく、自分で好きな仕事で、ずっと続けていきたいと思っていたのにもかかわらず、セクハラで辞めざるを得ないとしたら、とても悲しいことです。

もしセクハラをされて、被害者側が加害者側に直接「不快である」ことを告げても、それでもセクハラが止まない場合。それから会社の人事など、担当部署で訴えても、そのセクハラが改善しない場合は、証拠を集めて法的手段に訴えることもできます。ただし、加害者や会社を訴える時点で、残念ながら仕事は諦めないといけないかもしれません。

ただ、そのセクハラが事実であるかどうか、人事の人が訝しがっているとか、「ただの自意識過剰なのではないか」という判断を下されている場合には、実際にセクハラ現場を音声録音したり、録画したりして、きちんと証拠をとって、それを提出することも有効かと思います。ここまですればだいたいの企業は動くと思います。

それでも威圧的な態度をとって、こちらの言い分をちっとも聞かないような会社であれば要注意です。そこから退職まで追いつめられるかもしれませんので、その場合は法的手段も考えて、会社との駆け引き、つまり退職までなるべく多くの証拠集めをして、これからの対応を法律家と相談するべきでしょう。感情的にならず、計画的に退職を進めれば自分の有利なほうに話を進める可能性が高くなります。セクハラが原因でうつ病になった場合は労災、損害賠償なども受け取れる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

失業中の方のお役立ち情報